ユーブライドという婚活サイトでカナダ人の彼と出会いました

収入とステータスの格差を感じたカナダ人の彼との出会い

このエントリーをはてなブックマークに追加   
相手の国籍と性別 出会ったきっかけ
カナダ人男性 ユーブライド

彼とはユーブライドという婚活サイトを通じて、最初は友人として知り合いました。

 

彼は私に警戒心があることを知っていたので、遊びに行く時はいつも複数の友人と一緒でした。

 

私も、ただの友人という意識しかなく、なかなか恋愛には発展せず、知り合ってから半年以上良い友達という関係でした。

収入・ステイタスの格差と自立

以前はキャリアウーマンとしてバリバリ働き、何不自由がない生活を送っていましたが、かれと知り合った時は、以前の職場を退職したばかりで無職でした。

 

また、体調を少し崩していたこともあり、なかなか正社員としてフルタイムで働くのが困難でした。

 

彼は会社経営者で成功を収めており、何不自由がない生活をしていました。

 

貯蓄も十分にあり、今仕事を辞めても一生遊んで暮らせるお金を既に貯蓄済みで、会社もほとんど人に任せている状態で悠々自適な生活をしていました。

 

彼は、私のことを一人では何もできない、どこにも行けない不憫な子だと思っていたようです。

 

彼は優しい人でしたが、「段ボール箱に入れられて捨てられている猫」を拾ってきたかのような感覚で私に接するので、彼に助けてもらっていましたが、何もできないと思われていることに、私のプライドはかなり傷つきました。

 

さらに、仕事をしていた時の写真を見せた時に、信じられない顔をしていたのも悔しい思いを増幅させました。

 

多くのカナダ人男性は自立している女性を好みます。

 

男性に甘えたり依存する女性は好まれないし、専業主婦という概念もありません。

 

専業主婦イコールただの怠け者として扱われます。もちろん、家事全般全てのことを男性もできます。

 

逆に、家事全般のほとんどを男性が行う状況も珍しいことではありません。

 

なので、私のになかなか仕事に就けない状況が長く続くと、怠けものとして扱われたり、自分より下の存在に見ると言う事は珍しくありません。

 

しかし、なぜこのような状況になっているのか、将来の見通しについて何度も話をしましたが、彼の私に対する印象や考え方が変わることはありませんでした。

再就職と別れ

なんとか、体調も回復しフルタイムでまたバリバリ働けるようになりました。

 

再就職先はかなり良いポジションで迎え入れてくれ、仕事に追われながらも充実した日々を取り戻すことができました。

 

しかし、捨てられて泣いていた猫にそんなことができるはずがない、と思っている彼にはその光景が受け入れられないようだったので、今までのお礼と、実はバカにしてたことへの怒りと不満を一気に爆破させ別れることにしました。

〜交際体験談を頂いた方からのコメント〜
国によって価値観は変わります。家事をしっかり行うことを全く評価されないこともあります。男性に甘える女性を嫌がったり評価が低い価値観もあります。良い女性やモテル女性の基準は、いかに仕事で輝いているかが重要視されることもあります。

↓↓↓↓↓↓↓

関連ページ

ワーキングホリデーで出会ったカナダ人の彼
ワーキングホリデーで出会った超イケメンのカナダ人彼氏とのお話です。