マレーシア人の彼との交際で驚いた感覚の違い

マレーシア人の彼との交際で驚いた感覚の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加   
相手の国籍と性別 出会ったきっかけ
マレーシア人男性 大学内で出会った

以前、大学のある講義で同じクラスに入っていたマレーシア人の男性がいました。

 

その方は、どちらかというと、私のイメージしていたアジア系の男性とはかなりかけ離れた体型(身長が180cm以上でかなり高く、体付きもしっかりしたタイプ)をしていたので、まずそれにびっくりしました。

 

そして、それだけでもかなりインパクトが大きかったのですが、それに加えて、かなり怖顔の男性だったので、話しかけるのさえ抵抗を感じていました。

 

それがある時、図書館で彼が満面の笑みで私に近づいてきたのです。

 

今日はそんなちょっと風変わりな彼との恋愛談をお話します。

とにかくスケールが大きい!

彼との出会いもかなりインパクトが大きかったのですが、あの図書館で声をかけられてからの彼の行動はどんどんエスカレートしていきました。

 

あんなに怖顔だったのに、私と二人だけになるとすごく優しく、よく笑うのです。

 

それもすごく人情味のある方だということがわかり、人は外見では判断できない部分も多くあるのだなぁ、とあらためて実感しました。

 

そんな彼と、しばらくはクラスメートとして、仲の良い友人として、一緒に外出したりして時間を共に過ごしていました。

 

とても楽しかったです。

 

しかし、数ヶ月後、彼が私に話したいことがあると言い、私を海岸に呼びました。

 

その海岸は日々厳しい学業からのストレスを唯一放たれることができた海岸でした。

 

そこを歩くだけでその当時の私は満たされていました。

 

ふたりでその海岸を歩きながら楽しくおしゃべりをしていたときです。

 

彼が「これ、母に贈ろうと思って買ったんだけど、やっぱり君に渡したいんだ」と出してきたのが、ダイヤの指輪でした。

 

さすがにあまりにも高価なものだったので、まだ結婚の約束もしていない状態でそれを「はい、ありがとう。嬉しいわ」と、素直に受け取ることは到底できませんでした。

 

後々、わかったのですが、彼の家はかなりの資産家で、お母様はデザイナー、お父様も事業家として成功されている、かなり裕福な家庭のご子息だったのです。

 

学生の身分でそこまでできる男性はなかなかいませんよね。

 

スケールが大きすぎます!

ムチャクチャです!

とにかく、彼のすることには毎回びっくりさせられることが多かったのが事実ですが、ダイヤの指輪の次にびっくりさせられた事は、「いきなりの結婚」です。

 

それも学生の身分での結婚だったので相当びっくりしました。

 

どうやら私が真剣にお付き合いできないということを自分で判断したらしく、それから数ヶ月もしないうちに、ある日私のもとに結婚式のお誘いがかかりました。

 

実は、その彼女は日本人ではありませんでしたが、あまりにも小柄な方だったので、彼と並ぶと身長差がありすぎてびっくりさせられました。

 

彼が私に結婚式のお祝いで言ったことがあります。

 

それは「君に渡そうと思ったあの指輪は母に送ったよ。君は諦めるよ。勝ち目がなさそうだからね」でした。

 

なんだか、彼のあのハチャメチャな考え方と行動には、今思い返しても、ただただ唖然とさせられるばかりです。

〜交際体験談を頂いた方からのコメント〜
私が出会った超大富豪のおぼっちゃまは、かなり大柄で強面の人でした。しかし内面はすごく優しかったのも事実です。ただ、そんな彼は私が今までの人生の中で出会ったことがないくらいハチャメチャな部分を持っていた人でした。人生って本当に面白いです。世の中には本当に自分の想像を絶することをする人がいるんだなぁ、ということを彼からは学ばせていただいた気がします。

↓↓↓↓↓↓↓

関連ページ

マレーシア人の彼との交際は急な変貌で終結しました
マレーシア人の彼と交際していましたが、急に変貌ぶりに恐怖を感じ、お別れしました。